トップ活動を知る活動報告

G7香川・高松情報通信大臣会合開催記念 K-MIX+利活用推進フェアに参加

G7香川・高松情報通信大臣会合について

4月29日と30日の2日間、香川県高松市においてG7情報通信大臣会合が開催されました。大臣会合ではIoTやAIなどの新たなICTの普及する社会について議論が行われ、あらゆる人やモノがグローバルにつながる「デジタル連結世界」の実現に向けた考え方が取りまとめられました。
 

サイドイベント

同時開催サイドイベントとして、8Kスーパーハイビジョン、多言語自動翻訳、高度道路交通システム、ワイヤレス技術、ロボットを使った介護・見守り、医療ICTなど、ICTを活用した最先端技術の展示・紹介が行われました。
 

医療・福祉・介護ICT展示エリアに出展

この大臣会合を記念し、4月28日~30日の3日間、国際会議場に隣接する高松シンボルタワーにおいて「K-mix+(香川医療情報ネットワーク)利活用推進フェア」*が開催され、医療・福祉・介護分野における26の企業・団体が出展、展示と取組紹介をしました。
 
BHNは、これまで香川大学や地元企業と連携して行ってきた周産期医療システムの海外展開と医療ICTに関する人材研修や、その他、海外・国内で実施してきた支援活動についてパネル展示を行いました。
 

ICT は、医療、教育等の様々なセクターに影響を及ぼしながら、社会のあらゆる側面に浸透してきています。その技術は、日本国内では地方創生を促進し、アジア諸国ではデジタルデバイド解消に寄与します。また、貧困と飢餓、保健医療、児童のオンライン上での保護、高齢化社会、教育、減災と防災等の分野において、医療ICTが貢献できると考えられます。この展示会の参加企業・団体と交流できたこと、それらの企業や団体と協力し、成功事例を世界中の国と共有することで日本の技術のグローバル展開を実現する道筋が見えたことが今回の成果でした。
 

*香川県では、医療機関をつなぐ連携ネットワーク「K-mix+(香川医療情報ネットワーク)」を構築したことにより、地域住民の診断情報(カルテ、画像など)と医療資源(人的資源、医療機器)の共有が可能となり、お薬手帳、介護・見守り、母子健康手帳、糖尿病手帳などの地域完結型医療を目指しています。

 
  

プロジェクト・マネージャー(副理事長)榑松 八平