トップ活動を知る活動報告

1 / 41234

BHN関西事務所が海外支援活動を本格的に開始します

 
1. 経緯
関西事務所は2007年(平成19年)3月に活動を開始以来、本部の海外支援活動を講演会や写真展を通じて広報することを活動の中心としてきましたが、今後一歩進んで、直接的な海外支援活動にも取り組めないか検討してきました。
今回、本部が「お宝エイド」による寄付プログラムを開始することにともない、関西事務所もそのプログラムを活用するとともに、講演会や写真展等での寄附金も加えて活動資金とし海外支援活動を行うこととしました。
 
2. 海外支援活動の具体的内容
BHNでは現在、東南アジアにおいてサイクロン、高潮などの災害脆弱地域(バングラディシュ、ミャンマー)への防災支援や民族紛争地域(ミャンマー)での避難民支援の活動を行っています。またネパール地震で被害を受けたFM放送設備の緊急復旧支援を実施しています。
BHN関西事務所は今後、上記のようなBHN活動地域の人々に必要な物品や機材を寄贈することによりBHNの海外支援活動の一層の展開に資することとしました。
 
3. 資源の有効活用
物品や機材を購入する資金を確保するため、家庭で不要となった物品等をBHN関西宛て「お宝エイド」と明記した上で物品寄付受取代行窓口(おたからや目黒山手通り店)に「ゆうパック」着払いで送っていただくと、査定金額に10%上乗せした金額が当事務所に寄付されます。
この寄付金が当事務所の海外支援活動の資金となります。この「お宝エイド」プログラムは不用品等の再資源化とその有効活用にもつながりますので是非、ご協力をよろしくお願いします。
 

ご寄附の状況や現地への引き渡しの様子についてはBHNのHP等で報告します。
 
ご寄付いただける物品の一例は以下のとおりです。
■昔、集めていた 記念コイン、古銭、記念切手、懐かしのおもちゃ
■使わなくなった 本、CD、DVD、ゲーム、携帯電話、スマートホン、カメラ
■不要になった  貴金属、アクセサリ(壊れた指輪、片方だけのピアス、金縁メガネ)
■家に眠っている ビール券、商品券、ブランド品、ギフト用品(未使用の食器、陶芸器類)
 
具体的な送付方法、送付先などについては、当会のHPの「BHN関西宛『お宝エイド』」 をご覧ください。
 

関西事務所 松井 正二

1 / 41234