トップ現場からの風景

ハイチ2: 携帯電話はプリペイド

※2010年1月に発生したマグニチュード7のハイチ地震により、多くの方が被災され、BHNはジャパンプラットフォーム(JPF)の支援の下、2010年4月から2013年4月まで被災者支援活動を行ってきました。

 

携帯電話はかなり普及しており、道端で電話機やアクセサリーを沢山売っています。昔からのGSM携帯電話から最近のスマートフォンまでいろいろあります。

 

 

こちらの携帯電話は、プリペイド方式の利用者が多いのが特徴になっています。そのために道端には、携帯電話会社のゼッケンをつけたプリペイドのチャージサービスを行っている人が見受けられます。その場でお金を払うと、指定した番号に電話代をチャージしてくれます。

 

ハイチ3に続く

1 / 11