トップ現場からの風景

ハティアだより7: なつきくんのハティア旅行記 (2)

●『なつきくんのハティア旅行記』とは
今年の8月に文京学院大学4年の石川夏希さんが、BHNの事業地であるバングラデシュ・ハティア島を訪問しました。その時の旅の思い出や経験を綴るシリーズ旅行記です。

 

ハティアへ向かう際、木造の船に乗るということだけでも驚きましたが、一番衝撃を受けたのは陸地と海面の差がほとんどなかったことです。

 

それなのに堤防らしいものは見当たらなく海面が少しでも上昇したら住む家のなくなる人が出てくるし、命に関わってくる問題だと感じました。地球温暖化の影響力を思い知らされました。

 

移動途中バングラデシュ国内の様子を少し視察できましたが、バングラデシュのような発展途上国の人びとがこうした被害を一番受けているのだと思いました。

 

地球温暖化問題は地球全体で考えていく必要があり、そのためには一人ひとりが真剣に考えていかなければならないと思いました。

 

なつきくんのバングラ旅行記 (3)につづく。

 

1 / 11