トップ現場からの風景

ハティアだより9: なつきくんのハティア旅行記 (4)

●『なつきくんのハティア旅行記』とは
今年の8月に文京学院大学4年の石川夏希さんが、BHNの事業地であるバングラデシュ・ハティア島を訪問しました。その時の旅の思い出や経験を綴るシリーズ旅行記です。

 

BHNのプロジェクトではボランティアの人達(20歳前後)皆が熱心に取り組んでいて、参加した会議の内容等は(ベンガル語が中心で)全くわかりませんでしたが、とても積極的に皆参加していました。
 
 

会議の様子を見ながら、国際協力には現地の人たちの協力が必要不可欠である感じると同時に、海外のNGO等の介入のし過ぎは現地の人が外国人任せになってしまうから良くない、自分自身もっと頑張らなくてはなど色々と考えさせられました。

 

実際にサイクロンシェルターの調査のフィールドテストに同行させて頂いた時には、ボランティアの方たちが友好的に話しかけてくれて嬉しかったです。みんなと仲良くなれたので、また機会があったらぜひハティアに行きたいと思いました。

 

※なつき君が参加した会議とシェルター調査についてはこちら
 

 

なつきくんのハティア旅行記 (5)につづく。

 

1 / 11