トップBHNについてBHNのあゆみ

BHNについてイメージ

BHNのあゆみ

1981年に「電気通信が途上国の発展に不可欠である」とする国連決議36/40が採択され、また1984年には国際電気通信連合(ITU)が、「通信インフラが全ての国の社会、経済の発展に於いて必須の要素の一つである」と世界にアピールし、各国で先進国と開発途上国のデジタルデバイド(情報格差)を是正するための努力が始まりました。


このような背景のもと、1992年9月に情報通信機器及び技術を活用した国際協力NGOとしてBHNは設立され、情報通信産業関係者らによって世界のデジタルデバイド解消を目指し、チェルノブイリ原発被災者支援を皮切りに、国際協力活動を開始しました。


1992年9月       任意団体として設立

1999年9月       総理府より特定非営利活動法人として認証

2006年10月     国際協力貢献に対して総務大臣賞を受賞

2010年2月       認定NPO法人に認証(2020年2月まで継続して認証中)