緊急時の人道支援

地震・洪水・津波などの自然災害や、戦争・内戦などの紛争の発生は、人びとの生活や生命を脅かします。こうした緊急事態において、情報は被害にあった人びとのみならず、彼らへの支援を行う人たちにとっても必要不可欠です。

BHNは、緊急事態発生時、人びとが必要かつ正しい情報を手に入れることができるよう、情報通信技術を活用した支援を行います。

被災し潰れたラジオ局を被災者の手で再開

被災し潰れたラジオ局を被災者の手で再開

  • <支援が入る前の状況>

    2018年9月28日にインドネシア(スラウェシ島)で発生したマグニチュード7.5 の地震による被害者支援のため、同年12月よりFMわぃわぃ(FMYY)、インドネシア・コミュニティラジオ協会(JRKI)と共同で被災状況の確認、被災者のニーズ調査等を行いました。

  • <支援に入るきっかけ>

    現地調査をしていく中で、住民が災害情報や支援・復旧・復興に係わる情報を得る手段が乏しく、口コミに頼っていること。ラジオは国営放送局が有るが、被災者の必要とする情報が得られにくいこと等が分かり、ジャパンプラットフォーム(JPF)からの資金で、スラウェシ島、シギ県ドロ郡の4村(カラワナ村等)とその周辺を事業地そして支援事業を行うことになりました。

  • <支援の内容>

    ・「被災者による被災者のための放送」を可能にするコミュニティラジオ局の開局。
    ・放送コンテンツ制作支援。放送スタジオ用Wi-Fi環境の構築。
    ・みんなで放送を聴くためのラジオ受信機1000台配布。

  • <支援の成果>

    これらの一連の支援活動により、カラワナ村役場の周辺約5㌔以内の地域では、きめ細かな情報のタイムリーかつ正確な伝達。情報の誤報・誤解の抑制。地域コミュニティ活動の支援・復活及び促進。娯楽や憩いの増進等、環境整備が進み、住民からも高評価を得られました。 このラジオ局は「対話」を意味する「TUTURA FM」と命名され、シギ県知事、情報通信局により正式に開局が承認され、2019年5月1日に開局となっています。

これまでのプロジェクト活動例
【海外案件】

安否確認無料電話サービス支援(アフガニスタン、スリランカ、ハイチなど)

コミュニティラジオ局復興支援(インドネシアハイチネパールバングラディシュなど)

情報伝達システムの設置とその利用研修支援(ミャンマー、ハイチなど)

【国内案件】

東日本大震災被災者支援(岩手、宮城、福島)

西日本豪雨被災者支援活動

北海道胆振東部地震被災者支援事業

あなたにできる支援

BHNの活動はさまざまな支援によって成り立っています。開発途上国や被災地に住む人々に安心・安全を届け、サステナブルな社会を構築するためにみなさまの暖かいご支援を必要としています。また、BHNテレコムの活動ではシニアの方の知見と技術を活かし国際協力に役立てています。是非BHNテレコムのサポーターとして活動にご参加ください。

支援の方法を見る

寄附をする