第16回BHN人材育成プログラム(前期マレーシア研修)開始 ~開講式の紹介~

2013年12月6日(金)16:55   人を育てる支援

第16回BHN人材育成プログラム(前期研修)が、11月18日にマレーシアのクアラルンプール市郊外サイバージャヤにある、マレーシア・マルチメディア大学(MMU)にて開講しました。

 

今回は、昨年より1名多い9名の研修生が参加しました。出身国は、バングラデシュ、カンボジア、インドネシア、ラオス、ミャンマー、フィリピン、スリランカ、ウズベキスタン、ベトナムの9カ国で、男性6名・女性3名であり、内技術系が5名、事務系が4名という構成です。出身国の内、ミャンマーからは第6回以来10年ぶりの参加となりました。

9名の研修生は、ウズベキスタン研修生が20歳台である他は30歳代で、落ち着いた雰囲気の人が多く、全員各国の将来のテレコム・ICT事業を担うべき有望な人材として、この人材育成プログラムに参加したことにより、一段とたくましく成長してくれることを期待しています。

9名の研修生をそれぞれ添付の写真でご紹介します。

 

前期研修は、11月18日から12月20日までMMUで実施し、12月20日の終了式では研修成果をしっかり身につけた証として、各研修生に前期研修の修了証が手渡される予定です。

尚、後期研修は、来年6月ごろ東京で開催する予定です。

 

BHN人材育成プログラム担当:古野間計久(理事)

寄附をする