ミャンマー南部デルタ地帯における地域住民の生活改善事業

2014年4月9日(水)10:27

-基本設計を終了し、CAシステムの設置工事始まる―

 

去る2月14日、ミャンマー南部デルタ地帯のボガレイ郡でCAシステム(地域情報伝達システム)の設置工事が始まりました。

  

当初計画したスケジュールどおりで進捗しており、今回も、2010年の設置工事の時と同様、CAシステムの設置工事に多くの村人が馳せ参じ手伝ってくれています。

 

 

平日の日中、仕事の方は大丈夫なのだろうかと心配になってきます。これから5月中旬まで、94村落のCAシステムの新設工事、及び既存CAシステムの改良工事を続け、6月からワークショップを開始し、7月に事業終了の予定です。

?

本事業は、去る9月24日「日本NGO連携無償資金協力贈与契約」を外務省と締結以来、関係者による東京での本事業キックオフ会合開催、事業地での実務担当者の雇用契約、事務所の整備等諸準備を終え、10月30日から12月19日までボガレイ郡54村落、ピアポン郡38村落、ヤンゴン市外郡区6村落の新規CAシステムの基本設計、及び既存CAシステムのモニタリングを実施しました。

?

当初予定では、事業地はボガレイ郡、ピアポン郡の92村落の予定でしたが、ヤンゴン市外郡区内の村落にて、ソーラー発電ンシステムとCAシステムを接続しての実証実験を行うこととあわせて、同郡区内の6村落のモニタリングも実施しました。当該地域は200811月にCAシステムを導入した地域であり、設備が老朽化し、かつ地元の要望も強いことから、当該地域の改良工事を本年度に繰り上げ実施することとしました。

また、既設CAシステム4村落では同システムの保守・運用上の問題があり、提携団体のUMFCCI(ミャンマー商工会議所)と協議し設置支援を中止することとしました。

 

また、本事業の計画段階では商用電源は利用できないとしていましたが、上記基本設計及びモニタリングの結果、19村落で商用電源が利用できることが確認できました。

さらに、CAシステムのスピーカーの設置個数は1か所当たり4個設置の予定としていたが、住居の立地状況から2個や3個の村落もあり、平均3.1個であったこと等から浮いた費用は有効利用を図ることとしました。

具体的には、ソーラー発電システムのCAシステム実証実験、及びモニタリングの結果、バッテリーの容量を変更するとともに、既存CAシステムの寿命から判断しバッテリーも取り換えることとしました。

 

また、ラジオのDVD等記録部分の故障、落下等によるマイクの故障などに対応し、故障機器の取り換え等の費用に充てることにしました。

ミャンマーでは5月中旬頃からは雨季に入り河川の水嵩が増し南部デルタ地帯では水難事故の危険性が高まります。

またCAシステムの設置工事ではスピーカー取り付け時の高所作業がありますので、安全面を最優先にして作業を進めることとしております。

 

 

?今回の現地作業の実務担当者3名は全員2010年度のCAシステム設置工事の経験者であり、これまでの基本設計及びモニタリングは効率よく進捗しており、今後の建設工事作業も順調に推進出来るものと期待しています。

                              ミャンマーNGO連携プロジェクト

?事業担当 土橋康輔 (事務局次長)

 

寄附をする