フィリピン 台風ハイエン被災者支援のための初動調査隊を現地に派遣!

2013年11月18日(月)10:28

11月初旬にフィリピン中部を直撃した台風30号(ハイエン)により、レイテ島を始め、広範な地域で甚大な被害が発生しました。台風襲来から1週間以上経っても依然として、300万人が避難を余儀なくされ、道路、電気、通信を含むインフラが大きな被害を受け ています。

このような状況下において、BHNでは被災者支援のため緊急支援初動調査隊を派遣することとしJPFにプロジェクトを申請し承認されました。これに伴い下記の予定で初動調査を行います。

・派遣期間:2013年11月19日から約二週間
・派遣場所:フィリピン マニラ、セブ島、レイテ島
・派遣人数: 3名(うち1名はマニラでの調査のみ)
・支援/調査内容:

– 被災者の情報通信ニーズの実態調査
– 支援内容や活動拠点の候補の調査
– 事業実施時のカウンターパートの発掘
– 資材調達や工事業者の調査 他

今後、早期警戒警報システムや災害放送局の構築などBHNとして支援可能な現地のニーズとしてどのようなものがあるか、現地ですでに活動している国内外NGOとも情報共有/連携しつつ、初動調査の中で明らかにしてゆく予定です。

事務局長  山下孚

寄附をする