第7回BHNチャリティコンサートを開催しました

2013年3月7日(木)21:55   イベント、その他

 

~宮谷理香さんとNTTフィルハーモニー管弦楽団によるクラシックコンサート~

 

去る2月23日(土)、渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールで「第7回BHNチャリティコンサート」を開催しました。今年の出演者は、2011年にもご出演頂いたピアニストの宮谷理香さんとNTTフィルハーモニー管弦楽団です。

 

当日はこの冬一二を争う寒い日でしたが、全席自由ということもあってか、開場30分前から多くのお客様が列を作って並んでくださいました。

宮田理香さんとNTTフィルによるチャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番作品23」の演奏   お寒い中、お待たせしました!いよいよ開場です

予定通り14時に開演を迎え、司会者によるBHNの概要と活動紹介を経て、いよいよ演奏が始まりました。当日のプログラムは以下の通りです。

 

・ショパン ワルツ第1 番 作品18「華麗なる大円舞曲」

・ショパン エチュード第12 番 作品10-12「革命」

・チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1 番 作品23

・ モーツァルト 交響曲第41 番 作品K.551「ジュピター」

 

まず宮谷理香さんがソロで、ショパンの名曲「華麗なる大円舞曲」と「革命」を披露され、その後NTTフィルハーモニー管弦楽団との共演で「ピアノ協奏曲第1番作品23」を演奏しました。休憩を挟み、最後にNTTフィルハーモニー管弦楽団がモーツアルトの「ジュピター」を演奏しました。

 

宮谷さんの「華麗なる大円舞曲」の演奏が始まるやいなや、静まり返った会場にピアノの心地よい音が響きわたり、あっという間に舞踏会にでも迷い込んだような雰囲気に包まれました。

 

宮谷さんとNTTフィルとの共演は今回が2回目です。息も合って充実した響きが実現しました♪ 曲間に宮谷さんと高井さんから楽しいお話を伺いました

宮谷さんのソロ演奏の後には、宮谷さんと指揮者の高井優希さんのお二人に、日常生活についてお話をお伺いしつつ、演奏の聴きどころ等を分り易く解説して頂きました。会場からは思わず笑いや拍手が湧く一幕もあり、お二人の気さくなお人柄がステージと観客席との距離間を縮め、会場はとてもアットホームな雰囲気に。お二人のトークセッションは大いに盛り上がりました。

 

演奏が終わるやいない直ぐに募金活動にご協力くださった宮谷さん ホワイエにて募金を募る理香さんとNTTフィルの皆さん

そして今年も幕間や終了後に、ホワイエで活動のための募金活動を行いました。宮谷さん、高井さん、そしてNTTフィルの団員の方々も募金の呼びかけに参加して下さり、160,762円の義援金が集まりました。

 

この義援金は東日本大震災支援活動等当会の活動に大切に利用させて頂きます。当日、募金にご協力くださいました皆様、ありがございました。

 

BHNチャリティコンサート担当:福島(総務)

 

あなたにできる支援

BHNの活動はさまざまな支援によって成り立っています。開発途上国や被災地に住む人々に安心・安全を届け、サステナブルな社会を構築するためにみなさまの暖かいご支援を必要としています。また、BHNテレコムの活動ではシニアの方の知見と技術を活かし国際協力に役立てています。是非BHNテレコムのサポーターとして活動にご参加ください。

支援の方法を見る

寄附をする