2015年ドイツG7に向けた市民戦略会議に参加

2014年11月14日(金)14:01   イベント、その他

● 市民戦略会議の目的

 

2014年10月28、29日にドイツ・ベルリンで2015 G7戦略計画会議が開催され、ネットワークNGO「動く→動かす」の依頼により、当会から玉木プロジェクト・コーディネーターが参加しました。

 

同会議は、2015年6月7、8日にドイツ・バヴァリア(オーストリア国境付近)で開催されるG7(金融・世界経済に関する首脳会合)に向け、ドイツのNGOを中心とした市民社会が集い、①サミットの進捗状況、ドイツ政府のアジェンダ案、参加団体の計画や取り組みを共有し、②G7に向けた協働の可能性を探ることを目的としています。

 

今回の会議の参加者は約40名。その8割がドイツの市民団体で、その他、米3団体、英、仏、加、日から各1団体が参加しました。

 

● 2日間の会議

 

初日は、ドイツ政府の関心事項(10月18日のメルケル首相との対談内容をベース)や、各NGOの関心事項などの情報共有を行い、予想されるドイツ政府アジェンダについて議論。その後、「保健衛生」「税とファイナンス」「農業と食糧」の3つに分かれグループワーク(以下、WG)を行い、テーマごとにアドボカシー案を検討しました。

 

各グループからのフィードバックを踏まえ議論した後、クロスカッティング・イシューとして「説明責任・透明性」「女性・ジェンダー」「ODA・ファイナンス」「格差・不平等」の4つが合意されました。

 

2日目は、前日のレビューを行った後、3つのWGに再度分かれ、それぞれ活動のタイムランとそのピーク時期について、またメディアや一般向けに発信するメッセージについてもそれぞれ議論をし、政策提言のベースとなるドラフト案を作成しました。

 

参加者は丸2日間朝から晩まで会場のホテルに缶詰めで、最後は集中力も限界に達していましたが、皆の努力もありドイツG7に向けたキックオフ会議としては、ある程度方向性は示せたように思います。

 

今後の活動として、さらに多くの団体・個人から意見を収集できるようタスクフォースを立ち上げ、11月下旬の政府公式アジェンダ発表の後、市民社会側の意見をとりまとめ政策提言として発表を行います。また2015年4、5月頃にはドイツで市民社会を中心とするG7のオルタナティブサミットも開催予定です。

 

● 2016年日本G7に向けて

 

再来年2016年、G7は日本で開催されます。その前年となる2015年は、3月仙台での第3回国連防災世界会議や9月の国連総会でのPost2015策定など、重要なイベントが多く開催される予定です。

 

それらと同時並行でG7の準備を進めていくことはそう容易なことではありませんが、2008年の洞爺湖サミットでの経験を活かしつつ、各重要イベントと連携させながら進めていければと思います。

 

当会議の報告書はこちら→G7市民戦略計画会議(ベルリン)報告書[PDF]

 

玉木(プロジェクト・コーディネーター)

あなたにできる支援

BHNの活動はさまざまな支援によって成り立っています。開発途上国や被災地に住む人々に安心・安全を届け、サステナブルな社会を構築するためにみなさまの暖かいご支援を必要としています。また、BHNテレコムの活動ではシニアの方の知見と技術を活かし国際協力に役立てています。是非BHNテレコムのサポーターとして活動にご参加ください。

支援の方法を見る

寄附をする