総務大臣賞受賞

2006年10月10日(火)14:07   お知らせ

 

BHNテレコム支援協議会は平成18年度国際協力総務大臣賞に選定され、10月6日「国際協力の日」に受賞の栄誉に与りました。

 授賞式は、紀尾井町の千代田放送会館で、通信・放送国際協力フォーラム協議会と財団法人日本ITU協会主催、総務省後援の通信・放送国際協力フォーラムの場で行なわれました。

受賞理由は、「情報通信・放送分野における国際協力活動に従事し、開発途上国の通信・放送分野の発展に大きく貢献し、その功績が顕著である」というものです。 具体的には、ロシア原発事故被災者への通信支援や遠隔医療支援、アフガニスタンやイラク難民、台風や地震で被災したホンジュラス、台湾、トルコ、インド、イラン、での情報通信技術・サービスの支援活動、最近ではインド洋津波によるスリランカ、インドネシアの被災者へのFM放送局の設置、ラジオ受信機の配布やパキスタンの地震被災者への安否確認電話サービスなど、1992年設立以来行なって来た諸活動が評価されたものであります。

当会が、かような栄えある賞に与るに至りましたのは、一重に、これまで長年に亘り、ご支援下さった法人会員、個人会員をはじめする関係各位のお陰と深く感謝申し上げる次第であります。

私どもとしましては、これを励みに、引き続き、当会活動の特色である情報通信を活用した途上国開発支援、災害・紛争被災者支援、人材育成等の支援活動を継続、強化させたいと決意を新たにしております。

今後とも、皆様の一層のご支援・ご協力を賜りたくよろしくお願い申し上げます。

 

贈呈者(左):総務省総合基盤局国際部、蝶野部長. 受賞者(右):当会、信澤会長

 

表彰状

あなたにできる支援

BHNの活動はさまざまな支援によって成り立っています。開発途上国や被災地に住む人々に安心・安全を届け、サステナブルな社会を構築するためにみなさまの暖かいご支援を必要としています。また、BHNテレコムの活動ではシニアの方の知見と技術を活かし国際協力に役立てています。是非BHNテレコムのサポーターとして活動にご参加ください。

支援の方法を見る

寄附をする