BHN熊本事務所が活躍する令和2年7月豪雨被災者支援事業 ~熊本県球磨川流域4市町村仮設団地集会所へBHNパソコンコーナー開設作業完了~

2021年11月30日(火)9:31

 

 

2020年7月に発災した令和2年7月豪雨は、熊本県南部球磨川流域市町村において甚大な人的・物的被害をもたらしました。BHNテレコム支援協議会(以下、BHN)では、被災した球磨川流域市町村のうち、応急仮設住宅団地を建設して復興に取り組む熊本県八代市・人吉市・芦北町・球磨村4市町村を対象に、被災地の地域コミュニティ再生・活性化を支援するため、ICTを活用した被災者支援活動を実施しています。

 

BHN熊本事務所(所長 色見 高司氏)では、熊本地震被災者支援事業で獲得した経験・ノウハウを活用し、熊本地震被災者支援活動と令和2年7月豪雨被災者支援活動を一体的に実施しています。2020年10月1日、芦北町の地域社会貢献活動団体「ゆのうら会」(湯治 清会長)の会場で令和2年7月豪雨被災者支援事業のキックオフミーティングを開催し令和2年7月豪雨被災者支援事業をスタートさせました。ゆのうら会の皆さまから多くの希望が寄せられたスマホ研修会から取り組みを開始しました。

 

2020年10月28日、芦北町・ゆのうら会集会所にBHNパソコンコーナーを開設しました。続いて、2020年11月5日、八代市・市民球場仮設団地集会所にBHNパソコンコーナー(パソコン、プリンター、Wi-Fi設備)を開設しました。それぞれの被災地における被災者の皆さまからは大変喜ばれました。

これらの状況は、前回報告「令和2年7月豪雨被災者支援事業 ~熊本県芦北町ゆのうら会場からキックオフ」(https://www.bhn.or.jp/activity_report/reiwa-7-shien_201223/)で記述しています。

 

一方、芦北町・人吉市・球磨村3市町村の仮設住宅団地集会所(合計6カ所)へのBHNパソコンコーナー(パソコン、プリンター、Wi-Fi設備)を開設作業は、繰り返し襲って来る新型コロナウィルス感染症の蔓延によって阻まれ、円滑に進めることができませんでした。しかし、この間においても、被災地の行政部門の皆さま、関係する仮設住宅団地自治会役員の皆さまには、辛抱強く対応していただきました。ありがとうございました。

 

2021年7月15日、芦北町・女島ゆめもやい緑地仮設団地集会所へのBHNパソコンコーナー(パソコン、プリンター、Wi-Fi設備)開設作業を完了しました。

 

芦北町・女島ゆめもやい緑地仮設団地の概観(2020年10月1日撮影)

 

芦北町・女島ゆめもやい緑地仮設団地集会所の概観(2020年10月1日撮影)

 

芦北町・女島ゆめもやい緑地仮設団地集会所 BHNパソコンコーナー開設
 BHN色見 高司氏、女島開発委員会会長 大崎 慎哉氏、自治会役員 大矢 辰雄氏
(2021年7月15日撮影)

 

2021年7月21日、人吉市・村山公園仮設団地集会所及び人吉市・西間上第一仮設団地集会所へのBHNパソコンコーナー(パソコン、プリンター、Wi-Fi設備)開設作業を完了しました。

 

人吉市・村山公園仮設団地集会所 BHNパソコンコーナー開設作業
(BHN 尾形 邦彦氏、正岡 洋一氏 2021年7月21日撮影)

 

人吉市・村山公園仮設団地集会所 BHNパソコンコーナー開設
 人吉市 大石 翔也氏、米田 昌弘氏、BHN 正岡 洋一氏、色見 高司氏
(2021年7月21日撮影)

 

人吉市・西間上第一仮設団地の概観(2021年7月21日撮影)

 

人吉市・西間上第一仮設団地集会所の概観(2021年7月21日撮影)

 

人吉市・西間上第一仮設団地集会所 BHNパソコンコーナー開設作業
(BHN 尾形 邦彦氏、正岡 洋一氏 2021年7月21日撮影)

 

人吉市・西間上第一仮設団地集会所 BHNパソコンコーナー開設
 人吉市 大石 翔也氏、米田 昌弘氏、BHN 正岡 洋一氏、色見 高司氏
(2021年7月21日撮影)

 

2021年9月14日、球磨村役場を訪問して現地調整会議を実施しました。球磨村役場から主事 草野 太貴氏、主事 槻木 和明氏、BHN熊本事務所から色見 高司氏、正木 洋一氏、浦口 耕也氏が参加しました。BHNが計画した令和2年7月豪雨被災者支援事業の被災者支援活動内容を説明しました。大変歓迎され、打ち合わせの結果、支援対象として3カ所(球磨村グラウンド仮設団地、球磨村さくらドーム仮設団地、球磨村大王原公園仮設団地)を決定しました。

 

熊本県球磨村役場の概観(2021年9月14日撮影)

 

熊本県球磨村役場とBHN熊本事務所の打ち合わせ模様
(左側)球磨村役場総務課 主事 草野 太貴氏(奥側)、主事 槻木 和明氏(手前)
(右側)BHN熊本事務所 正岡 洋一氏(奥側)、色見 高司氏(中央)、浦口 耕也氏(手前)
(2021年9月14日撮影)

 

2021年11月4日、球磨村・球磨村グラウンド仮設団地集会所及び球磨村さくらドーム仮設団地集会所へのBHNパソコンコーナー(パソコン、プリンター、Wi-Fi設備)開設作業を完了しました。

 

球磨村・球磨村グラウンド仮設団地の概観
(2021年7月21日撮影)

 

球磨村・球磨村グラウンド仮設団地集会所 BHNパソコンコーナー開設作業
 BHN熊本事務所 尾形 邦彦氏、正岡 洋一氏
(2021年11月4日撮影)

 

球磨村・球磨村グラウンド仮設団地集会所 BHNパソコンコーナー開設
 BHN熊本事務所 色見 高司氏、正岡 洋一氏、浦口 耕也氏
(2021年11月4日撮影)

 

球磨村・球磨村さくらドーム仮設団地集会所 BHNパソコンコーナー開設作業
 BHN熊本事務所 尾形 邦彦氏、球磨村役場 草野 太貴氏
(2021年11月4日撮影)

 

球磨村・球磨村さくらドーム仮設団地集会所 BHNパソコンコーナー開設
 BHN 浦口 耕也氏、正岡 洋一氏、球磨村役場 草野 太貴氏、BHN 尾形 邦彦氏
(2021年11月4日撮影)

 

2021年11月17日、球磨村・球磨村大王原公園仮設団地集会所へのBHNパソコンコーナー(パソコン、プリンター、Wi-Fi設備)開設作業を完了しました。

 

球磨村・球磨村大王原公園仮設団地集会所 BHNパソコンコーナー開設
 BHN 浦口 耕也氏、正岡 洋一氏、球磨村役場 草野 太貴、BHN 尾形 邦彦氏
(2021年11月17日撮影)

 

今後は、球磨川流域等に住むBHN熊本事務所メンバーが中心となって、八代市・芦北町・人吉市・球磨村4市町村の仮設住宅団地集会所(合計8カ所)へ開設したBHNパソコンコーナー(パソコン、プリンター、Wi-Fi設備)への定期巡回設備点検及び活用相談に対処していきます。併せて、BHN熊本事務所(所長 色見 高司氏)では、タブレット&ポケットCO2センサー等を使って3密回避を徹底し、ネット会議システム・パソコン・タブレット・スマホ・プリンター・Wi-Fi装置等を活用した「コロナ禍におけるネット活用型被災者支援活動」に配意しながら、熊本地震被災者支援事業で獲得した経験・ノウハウを活用し、引き続き、熊本地震被災者支援活動と令和2年7月豪雨被災者支援活動を一体的に実施していきます。


令和2年7月豪雨被災者支援事業
理事(プロジェクトマネージャー)
有馬 修二

 

———————————————————

*BHN 自主事業「令和2年7月豪雨被災者支援事業」、事業期間「2020年8月1日~2023年3月31日(予定)」は、西日本電信電話株式会社(CLUB NTT-West)、NTTファイナンス株式会社(NTTグループカード)のポイント寄附にてご支援いただいて、事業を継続しています。

———————————————————

寄附をする