BHNとSDGs

持続可能な開発目標(SDGs)とは

世界の問題解決を目指す 2030年までの国際社会共通の目標です

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。
外務省ウェブサイトより)
●参考サイト
 国際連合広報センター
 国連開発計画駐日代表事務所


SDGsの達成に向けて取り組む事業

BHN の強みを生かした活動の推進においては、「アウトサイド・イン(=社会課題起点)」の視点に立ち、常に社会ニーズに立脚することが求められます。また、限られたリソースで最大限の成果(社会的インパクト)を生み出すために、社会課題の重要度・緊急度と BHN の強みやこれまでの支援活動の実績等を鑑み、今後 BHN が重点的に取り組むべき社会課題領域を以下のように定め、SDGs と紐付けて定義します。
また、法人等のSDGsへの取り組みを推進するためにBHNが果たせる役割等を記載し、問い合わせ先や事例に誘導します。


BHN版SDGs構造ツリーから見る

BHNの活動をSDGsの目標と関連付けてご確認いただけます。

【重点 SDGs】BHN が今後重点的に取り組むべき SDGs(社会課題領域)
SDGs 目標 3:「保健・医療」
SDGs 目標 4:「教育」
SDGs 目標 11:「防災・減災」

【ベーシック SDGs】 上記重点 SDGs に取り組む上で必要不可欠な基盤ともなる SDGs(社会課題領域)
SDGs 目標 7:「持続可能なエネルギー」
SDGs 目標 9:「情報通信へのアクセス」

【プロセス SDGs】 BHN が行う全ての支援活動や業務遂行の中で留意すべき SDGs(社会課題領域)
SDGs 目標 5:「ジェンダー」
SDGs 目標 8:「ディーセント・ワーク」
SDGs 目標 10:「不平等・格差の是正」
SDGs 目標 13:「環境への配慮」
SDGs 目標 16「腐敗防止」

【パートナーシップ SDGs】 個別 SDGs に取り組む上で欠かせない多様なステークホルダーとの連携・協働
SDGs 目標 17:「パートナーシップ」

【新規検討 SDGs】今後検討すべき課題として情報収集や調査活動に取り組む SDGs(社会課題領域)
SDGs 目標 2:「食・農業」
SDGs 目標 6:「水」
SDGs 目標 14:「漁業」

あなたにできる支援

BHNの活動はさまざまな支援によって成り立っています。開発途上国や被災地に住む人々に安心・安全を届け、サステナブルな社会を構築するためにみなさまの暖かいご支援を必要としています。また、BHNテレコムの活動ではシニアの方の知見と技術を活かし国際協力に役立てています。是非BHNテレコムのサポーターとして活動にご参加ください。

支援の方法を見る

寄附をする