東日本大震災 飯舘村被災者支援事業

飯舘村は、2011年3月の東日本大震災により発生した原発事故の影響で、全村に避難指示が出されました。先祖代々住み続けた土地に根差して、飯舘牛やトルコ桔梗などのブランド農産品を生み出し、3世代や4世代が同居して穏やかな生活を営んでいた村は、原発事故を境に一変し、全村民が仮設住宅や借上げ住宅へ避難しました。
 避難生活では、田畑や牛のために身体を動かすこともできず、住居は村の自宅とは比べようがないほど狭く、偏りがちな食生活のため、健康を維持することが重要な課題でありました。また、親しい隣人はもとより家族さえもバラバラに分かれての避難生活になってしまったことから、様々な不安の中でストレスを募らせる方も多く、コミュニティの崩壊も大きな問題でした。 徹底的な除染とインフラ整備の進展により、6年間にわたった避難指示が2017年3月末に解除となりましたが、住宅の修復、買い物や病院への交通手段等、生活上の課題が多く残されており、多数の村民が帰村し平和な村が再生されるには相当な時間がかかると思われます。

事業名東日本大震災飯舘村避難者支援
受益者仮設住宅及び借上げ住宅への避難者 約4,000人
対象地域福島県飯舘村

実施機関2011年4月~2018年3月(以降も継続予定)
協力機関・団体協力機関
団体
認定特定非営利活動法人 災害人道医療支援会(HuMA)、
NTT労働組合ドコモ本部、飯舘村社会福祉協議会、
浦和明の星女子中学・高等学校、国立極地研究所
■プロジェクト目標
 長期の避難生活で避難者の状況も変化してきました。その変化と村民のニーズをくみ、内容を変えながら現在も支援活動を続けています。開始から6年半の主な活動は通信設備提供とPCスキル研修によるコミュニティ支援健康相談会、歩け歩け運動、マッサージ会などの健康維持支援子どもたちを励ますための南極教室、手作りザックの贈呈などでした。さらに7年目からは、帰村が始まったことから、村へ帰還を支援するための村民自宅周辺の草刈り大作戦等をメニューに加えて支援活動を続け、2017年度からは「花いっぱいの村づくり」に向けて花桃の苗の植樹を実施中です。
  • 東日本大震災に伴う福島原発事故の発生による飯舘村。
    全村避難指示により約6200人が避難生活を余儀なくされた。

  • 未だに残る除染廃棄物の山

■活動内容
  1. 通信設備提供によるコミュニティ支援
     真っ先に実施したのは情報通信設備を提供することにより避難生活を根底から支えることでした。仮設住宅、学校、幼稚園等29カ所へパソコン、プリンタ等を設置し、メール、インターネットを利用可能にしました。また、避難先にできた自治会活動を支えるため、10の自治会のホームページ立上げを支援し、村役場から配属されたIT担当者に100回以上にわたるパソコン研修会も行いました。これらの支援は現在も続いています。
  • 避難先自治会(10ヶ所)でのコミュニティ再生に向けたパソコン技術支援
    <2011年度~継続中> 

  • 南極昭和基地と衛星回線で結び
    仮設の草野・飯樋・臼石小学校で南極教室を開催
    <2013年度>        

  1. 健康維持・向上支援
     生活環境が芳しくない中で次第に重要性を増していった健康問題に対処するため、認定NPO法人災害人道医療支援会(HuMA)の協力を得て、延べ106日におよぶ健康相談会を開催し967人の方が訪れました。また、飯舘村社会福祉協議会が開催する毎月のお茶のみ会の場で、歩数計を配布して歩け歩け運動を実施しました。歩数計継続利用者は622名に上りました。またマッサージ会は2017年8月までに171回実施し、約1,400人の方がマッサージを受けました。
  • 避難生活者の健康相談会の開催
    <2013年度~2017年度>

  • マッサージ会の開催
    <2012年度~2015年度>

  1. 子どもたちを励ます支援
     仮設や借上げ住宅からプレハブ校舎に通う子どもたちを励ます支援として、高等学校へ授業や調べものに使うパソコン30台の寄贈、また小学校では、国立極地研究所の協力を得て南極教室を開催しました。昭和基地の隊員と衛星テレビ電話で繋がり、南極の面白い話や子どもたちからの矢継ぎ早の質問で盛り上がりました。その後、幼稚園年長組の園児へ、BHN会員の女性と浦和明の星女子中学・高等学校生徒の協力による手作り体操着ザックとマスクの贈呈を続けています。
  • 幼稚園児への運動着ザック等をプレゼント

  • <2015年度~継続中>

  1. 帰村の支援
     2017年4月から避難指示が解除され、帰村が始まりました。本事業の活動内容に帰村支援を加え、新たな活動を始めました。帰村する方は高齢者が多く、村の自宅周辺の草刈りは大きな負担でした。BHNはNTT労働組合ドコモ本部及び飯舘村社会福祉協議会の協力を得て、全国から集まったボランティアメンバーによる7週間の「草刈り大作戦」を実施しました。
    また、昔の美しい村に少しでも近づけるよう、2017度から3年計画で合計600本の「花桃植樹」を実施中です。2018度は8月に「いいたてスポーツ公園」で、村長とBHN理事長他による記念植樹、10月に村民等60名参加で200本の植樹を行いました。
  • 6年間伸び放題となった宅地周辺

  • 草刈り支援を実施<2017年度>

  • 花いっぱいの村づくりに向け花桃の植樹を実施<2017年度~継続中>

  • <花桃の植樹は、2019年の秋(10月)予定しています。>

  1. 2018年度飯舘村避難者支援活動の新たな取組み ~ ICTを活用した「お年寄り遠隔見守り支援」をスタート ~
     飯舘村の避難指示が一部地域を除き、2017年4月にようやく解除され、村民の帰村が始まりました。しかし、各個人は家の修復、農地の回復、買い物や通院の交通手段の確保、子供の教育等の課題に直面して帰村を躊躇している方も多く、2019年4月1日現在の帰村者数は震災前の約2割の1,258人に留まっています。
     一方、帰村した村民の方々も、震災前は3~4世代の同居が大半でしたが、いろいろな事情により帰村世帯は高齢者のみの1~2人世帯が多い状況にあります。このため、常に健康上の不安があり、緊急時に家族等へ素早く通報する手段があれば、安心して生活することができます。
      BHNは2018年度から新たに、飯舘村健康福祉課、及び飯舘村社会福祉協議会の協力を得て、ICTを活用し電話回線に接続して、緊急ボタン1つで、あらかじめ設定した家族等の連絡先に緊急通報する『遠隔見守り端末』を、お年寄りが暮らす村民宅に設置して、遠隔での見守り支援活動を開始しました。
  • ボタン1つで緊急通報できるお年寄りへの「見守り端末(本体)」

  • 「遠隔見守り端末(ペンダントスイッチ)」による支援を実施<2018年度~継続中>

■成果

  1. メール、インターネット、ホームページ等の情報ツール提供により避難生活の安全・安心を高めるとともに、コミュニティの再生・活性化に貢献しました。
  2. 健康相談会、歩け歩け運動、マッサージ会等により、避難生活での健康維持・向上をサポートし、ストレス軽減の効果も確認できました。
  3. 子どもたちを励ます支援では、大自然や科学への関心を高め、被災地でのICT教育を進展させるとともに、社会からの応援や愛情を感じてもらうことができました。また、BHNを起点として社会貢献活動を主婦や中高生にまで広げることができました。
  4. 村民の自宅周辺の草刈りにより、帰村の負担を軽減し、早期帰村の促進に役立ちました。また、花桃の植樹というイベントを通じて、美しい豊かな村に少しでも近づける活動が出来、参加者も喜んだ。
  5. 遠隔見守り端末最初に設置したお宅は、80歳を超えるお年寄り夫婦と娘さん夫婦の4人家族で暮らしていますが、「昼間は若夫婦が勤めのため留守になるので、老夫婦二人だけになります。今回このような緊急通報のための端末を設置していただき、何かの時には連絡がとれて安心できます。」と感謝されました。

 BHNは、2019年度も社会福祉協議会のご協力をいただいて説明会を開催し、希望者の募集を行い、順次遠隔見守り端末の設置を進めます。また、設置したお宅からのお問合せ対応や故障対応、ワイヤレスリモートスイッチの電池交換のフォローアップを行う等、遠隔見守り支援活動を継続実施します。
活動レポート一覧へ

あなたにできる支援

BHNの活動はさまざまな支援によって成り立っています。開発途上国や被災地に住む人々に安心・安全を届け、サステナブルな社会を構築するためにみなさまの暖かいご支援を必要としています。また、BHNテレコムの活動ではシニアの方の知見と技術を活かし国際協力に役立てています。是非BHNテレコムのサポーターとして活動にご参加ください。

支援の方法を見る

寄附をする