BHN桑原基金寄附講座

BHNは桑原顧問から多額のご寄附をいただき、電通大への「BHN桑原寄附講座」の創設に向けた検討を進めてきました。
 BHNは電気通信技術を活用した国際協力を手がけており、国連の持続可能な開発目標( Sustainable Development Goals 以下、SDGs) への寄与を掲げております。この度、国内大学での途上国人材育成を企画する中で、電通大が今春、 東京農工大学、 東京外国語大学と、 途上国の留学生らを対象とする大学院「共同サステイナビリティ研究専攻」を開設し、また、イノベーション人材育成の「スーパ一連携大学院プログラム」を2011年度から室蘭工業大学、 秋田県立大学等と手がけている活動に注目しました。

 電通大へのBHN桑原基金寄附講座贈呈式を2019年4月18日(木)に実施し、講座の運営、内容、講師等について具体的な内容を電通大とBHN双方で検討してきました。

 この講座は、SDGsを支える人材の育成を目指した寄附講座として2019年10月よりスタートします。

事業名BHN桑原基金寄附講座事業
対象者開発途上国からの大学院留学生が主な対象
実施機関2019年10月~5年間
協力機関・団体協力機関
団体
国立大学法人電気通信大学 (以下、電通大)
■背景
 日本政府は、SDGsの達成に向けた施策を目指し、関係省庁が連携し政府一体で取り組むとともに、広範な関係者(行政、NGO/NPO,有識者、民間セクター、国際機関、各種団体等)が集まり意見交換を行う場を設置し、官民あげてSDGsを推進しています。

  • BHNは、2017年度より中長期活動方針として、「ICTを活用し、NGOの立場から、SDGsの達成に向け寄与する」という目標を掲げています。
  • 電通大においては、高い志を持ち実社会で活躍するイノベーション博士人材を大学院連携によって育成する「スーパー連携大学院プログラム」を2011年度より、またSDGsに寄与する博士人材育成に向けて多摩地域3大学連携による「大学院共同サステイナビリティ研究専攻」を2019年度から開始したところであり、SDGsへの理解を高める教育が求められていました。

■活動内容
●「BHN桑原基金」寄附講座

途上国からの留学生を主な対象とする大学院生向け寄附講座の科目は、以下の2科目で構成され、トータルで 5年間開講します。

  • SDGsを支える情報通信論
     情報通信技術(ICT)によるSDGs達 成を掲げています。 また、情報通信の施策やセキュリティー以外にも、 医療や地球環境、 防災、 農業・漁業のICTの座学と施設・現場見学で構 成しています。(その内容を表1で示します)
  • 国際科学技術コミュニケーション論
     既存科目のリニュ― アルで、 情報通信の国際標準化や国際研究プロジェクト、 科学コミュニケーションの座学と演習からなります。

  • BHN桑原基金寄付講座による二つの科目と提供先

  • 表1:「SDGs」を支える情報通信論」授業内容

 「BHN 桑原基金寄附講座」を通じて、多くの学生がSDGsの理念を学び、ICTの仕組みや寄与する現実の課題を理解し、その解決に向けて技術者としての先見性や意欲ある心構えを持った人材が数多く輩出されることを願っています。
 「BHN 桑原基金寄附講座」を通じて、多くの学生がSDGsの理念を学び、ICTの仕組みや寄与する現実の課題を理解し、その解決に向けて技術者としての先見性や意欲ある心構えを持った人材が数多く輩出されることを願っています。
活動レポート一覧へ

あなたにできる支援

BHNの活動はさまざまな支援によって成り立っています。開発途上国や被災地に住む人々に安心・安全を届け、サステナブルな社会を構築するためにみなさまの暖かいご支援を必要としています。また、BHNテレコムの活動ではシニアの方の知見と技術を活かし国際協力に役立てています。是非BHNテレコムのサポーターとして活動にご参加ください。

支援の方法を見る

寄附をする